ALL-100オプション

モジュール

all100モジュール

ALL-100Aは本体にDIP-48のプログラミング・モジュールが標準装備されています。 このモジュールはデバイスのタイプやパッケージに応じて専用のモジュール、およびギャング(複数同時書き込み)用の モジュールが用意されています。モジュールは着脱可能であり、容易に交換することができます。
モジュールのタイプによってはソケット部分(トップ)がオプションになっており、各種パッケージ用のトップを 選択して取り付けることができるタイプがあります。
【ご注意】ギャングタイプのモジュール、およびシングルソケットのモジュールで48pinを超えるモジュールを 使用する場合は、オプションの増設用ピン・カードをプログラマ本体に装着する必要があります。

主なモジュールには次のものがあります。

モジュール サポートICタイプ
M1-UN-TS48 48-pin TSOPパッケージ用のモジュール
M8-FLASH-TS48 8個書き用
TSOP 48パッケージのFLASHメモリをサポート
M6-FLASH-DP32 6個書き用
DIP 28/32のEPROM、EEPROMをサポート

モジュール一覧を見る
トップ一覧を見る

アダプタ、コンバータ



標準装備のDIP-48モジュールは8〜48ピンまでのほとんどのデバイスに対応します。 48ピンを超えるデバイス、DIP以外のパッケージについてはアダプタ、またはコンバータで対応します。 アダプタ、コンバータはソケットの変換を行うもので、プログラマのDIP-48ソケットに取り付けて使用します。
デバイスリストのAdaptor欄にアダプタ名が表記されているデバイスはアダプタが必要です。 アダプタ名の表記が無いデバイスで、DIP以外のパッケージを使用する場合はコンバータが必要です。 必要となるアダプタ、またはコンバータの型名は、アダプタ サーチで確認することができます。


アダプタ一覧を見る
コンバータ一覧を見る
アダプタ コンバータ サーチ